記事一覧

意外に金利が高い銀行系クレジット

お金を貸す側の儲けのカラクリを中心に述べてきましたが、これからはお金を借りる側の立場に立って、その心がまえや得する裏ワザについて説明していきたいと思います。そのため、文中には第一部で記述した内容と重複する部分がありますが、あくまで「お金を借りる側」の観点から紹介しようとするものですから、その点はご了承ください。長引く不況で、収入は減る一方。給料日前になるとやりくりが苦しくなる人も多いことでしょう。そんなピンチのとき、私たちの味方になってくれるのが無担保ローンやキャッシング・サービスです。

しかし、このサービスはいまでは銀行や消費者金融、クレジットカード会社などいろいろなところが行っていて、あまりにもその数が多いため、どこで借りるのがいちばんお得なのか、よくわからないという声があります。こうした疑問に答えようと、銀行や消費者金融、クレジットカード会社など各社のローン、キャッシングについて、金利と支払利息を徹底的に比較してみましょう。10万円借りて翌日に返済する場合、金利の低い順に各金融機関を調べてみました。まず、もっとも低利なものは期間限定ですが、一定期間無利息のローンです。1週間無利息のNOLOAN」(シンキ)、「10日間無利息キャッシング」(ユアーズ)、10日間無利息キャッシングの「テンフリー」(アイク)、女性なら30日間無利息の「レディースローン」(レディースフタバ)があります。

なにしろ、一定の期間内なら金利は0%ですから、当然、支払う利息も0円で、金額的にはもっともお得といえます。2番目に低利なのは、銀行の無担保ローンで、金利は6~9%台が中心です。翌日返済すると、三井住友銀行のフリーローンの利息は17円、東京三菱銀行のフリーローンの利息は21円になる計算です。3番目は銀行系消費者金融です。モビットやアットローン、東京三菱キャッシュワンなど金利はほぼ横並び状態で15・0~18・0%、翌日返済すると利息は49円になります。また、クレジットカードでもたとえば信販系クレジットのジャックスカートなら、キャッシング金利が18・0%で、利息は同じく49円です。4番目は流通系クレジットカードで、イオンカードの金利は19・8~25・6%です。

セゾンカード(クレディセゾン)、赤いカード(丸井)の金利は24~27%で、翌日に返済すると、利息は65~73円になり、銀行の無担保ローンと比較すると利息は約4倍になります。5番目は消費者金融で、業界大手の武富士、アコム、アイフル、プロミスなどで借りると、金利は25・5~27・3%です。翌日に返済すると、利息は70~75円になります。もっとも金利が高いのが銀行系クレジットカードで、JCBや三井住友カード、UCカード、アメリカンエクスプレスの金利は27・8~29・2%と、出資法の上限金利ぎりぎりで、翌日返済でも76~80円の利息が付きます。